​カウンセリング

聖霊の導きによるクリスチャン

                

              ・夫婦の心のすれ違い ・親子関係のストレス

             ・健康的な霊的生活    ・天のお父様との親密な交流

                         ・繰り返して起こる人間関係の問題      

   こうしたテーマの回復に向け、

お祈りとともに、“聖霊の導き”によって

カウンセリングしていきます

      自分では気がつかない神様

  との関係を見直してみませんか

カウンセリングへの思い

    私は、教会の招きで海外からいらした預言者の先生から何度か励ましの言 葉をいただき、牧師の後押しのもとに2016年9月、ミニストリーとしてのカウンセリングを始めました。『神様は、姉妹あなたにカウンセリングの霊を注ぎ、知恵の言葉を与えると言っています』『他の人の様子を読み取る霊的なレーダーを持っているあなたを通して、神さまが知識の言葉と預言を流します』という言葉でした。

 べテル教会のミニストリー・スクールで学んでいる間、信頼する友人から『日本に帰ったらあなたはカウンセリングをするようになると思う。ですから、あなた自身もカウンセリングを受けておいたほうが良いですよ』と言われていましたので、ミニストリーの方向性に気づかされました。

 ベテル教会にはSOZOミニストリーというカウセリングがあり、夫も私も受けました。私を担当されたのはベテランの方で、私のずっと忘れていたことや健康についてのことなどを、次々とさりげなくご自分のこととして話されました。そのとき、聖霊の導きで祈りとともに解決へと促してくださるその方の圧倒的な霊的資質と、預言の賜物を日々磨いて主の前で喜んで信仰生活を送っておられることが理解できました。

 私は、ある社会教育団体で20年間、夫とともにカウンセリングを含めた奉仕活動をしてきましたが、それとはまったく異質のものをあのとき体験できたお陰で、御国の愛を伝えていきたいという強い願いを持ち続けて活動できていることが感謝でなりません。

​カウンセリングの進め方

  赦せない思いや怒り、何度も繰り返してしまう人間関係のトラブルをかかえている場合は、問題そのものにフォーカスしないで聖霊の導きに従順にそっていくことが大切と感じます。忘れていた過去の出来事が苦い根になっていて自分自身ではそれを引き抜けないでいることが多いようです。

    その根を発見して聖霊とともに静かに引き抜き、御言葉と共に解放の祈りをし、必要な場合はとりなしの祈りをして、最後に神様の愛を注いでお祈りしていくことをテーマにして進めています。

夫婦の心のすれ違い

本人が気づいていなかった心の痛み

  父親と小さな頃から葛藤があったある女性は、そのことについて話しを聞いて欲しいとの思いで来こられました。ところが聖霊はしきりに母親のことを尋ねてみなさいと促されるので小さな質問をしてみると、彼女はご自身がずっと忘れていたことを次々に語り出して、母親に対する赦せない思いや悲しみが和らぎ始め1時間後には表情が生き生きしだしました。 
   赦せない思いや怒り、何度も繰り返してしまう人間関係のトラブルをかかえている場合は、問題そのものにフォーカスしないで聖霊の導きに従順にそっていくことが大切と感じます。忘れていた過去の出来事が苦い根になっていて自分自身ではそれを引き抜けないでいることが多いようです。その根を発見して聖霊とともに静かに引き抜き、神様の愛を注いでお祈りしていくことが私のテーマとしているカウンセリングです。

仕事のストレスと信仰

 仕事と信仰のバランスがうまくとれないという相談に来られた方の場合は、関係している仕事上の責任者の圧力が強すぎ、神さまからのものとはかけ離れた恐れや不安を抱えていることがわかりました。孤児の霊とマモンの霊(金銭に関わる霊)に心が支配されていて、礼拝に来たくても用事が入ってしまって来れなかったりしていました。本人の霊的な現状を理解してそこに神様に介入していただいて解決を求め祈り込んでいくうちに、とらわれていたものからの解放があり、今では信仰生活が守られ経済の面も順調に回復してきています。

職場の人間関係と

子どもの頃の家族関係のつながり

  カウンセリングを受けられる方のことをお祈りしているときに、示されたある言葉がありました。お話を進める中でそのことを尋ねてみると、子どもの頃の家族関係にひずみがあり、ご両親の不仲によって無邪気な子ども時代をスキップして大人になってしまったことをお話くださいました。社会に出てからも、仕事に慣れてくると毎回起きてくる人間関係の問題の原因が、子どもの頃の経験によるものと気づかされ、赦し・和解・祈りへと進んでいきました。

 

社会的には自立していても

生きる意義を喪失

  小さい頃から実の父親との深い葛藤をかかえていたある方は、社会的には自立していて一見普通のきちんとした生活をしている方に見えましたが、心の奥に孤独を抱えておられました。セルフイメージがとても低く、時に自殺願望が湧き、生きていく意義を見失って父親に敵意を感じつつも、そこから逃れられない苦しい日々を送られていました。この方のときは、同じような体験を乗り越えた証を持つ方に関わっていただき、現在は父親との関係が改善され、神さまのくださる明るい希望を見て信仰生活を送っています。
 

場 所:21世紀キリスト教会

            病院やご自宅への訪問

                 (交通費実費)

                  スカイプ利用も可能です

問合せ・お申込み:

    教会 03-6277-1257

            高井 080-4790-1313​       info@heavens-joy.com

時 間:約90分/回 

            予約制で行っています。 

カウンセリングに対しての献金7,000/回 

 

 

カウンセリング

ついて

  • LinkedIn Social Icon
​21世紀キリスト教会ホームページ
​in アイコンをクリックしてください

           ©2017 Heaven's Joy Ministry. All Rights Reserved